お問い合わせ
科学出版プロセスにおける博士課程の学生のトレーニング
ケーススタディ : DTUBioSustainのPAcMEN
科学出版プロセスにおける博士課程の学生のトレーニング
研究分野
バイオテクノロジー
参加者
博士課程の学生
トレーニングエリア
科学原稿
リサーチパブリッシング
フォーマット
インタラクティブワークショップ
オープンディスカッション
実践的な演習

バックグラウンド

ザ・Novo Nordisk Foundation Center for Biosustainability (CFB)は、2011年に設立されたDTU研究およびイノベーションセンターです。 世界最高の研究者を引き付けることを目的とした研究センターのクラスターの一部である彼らの目的は、社会に利益をもたらす最高品質の国際志向で革新的な研究環境を育成することです。

これらの目的の追求は、とのパートナーシップにつながりましたネイチャーマスタークラスと呼ばれるユニークな国際プログラムで博士課程の学生のためにカスタマイズされたトレーニングを実行するPAcMEN (Predictive and Accelerated Metabolic Engineering Network)は、DTUによって調整されたMarieCurie-革新的なトレーニングネットワークです。 PAcMENの学生は、代謝工学、モデリング、システム、合成生物学に焦点を当てた最先端の研究を行っています。 Nature Researchの編集者による包括的でインタラクティブなワークショップでは、学生は高品質の科学原稿を書き、トップジャーナルに掲載される可能性を最適化する方法についてトレーニングを受けました。

トレーニングワークショップ

ザ・ネイチャーマスタークラスチームは、短い講義、公開討論、実践的な演習、および編集者との1対1の時間で構成される2日間のワークショップをパーソナライズしました。 JoãoDuarte、シニアエディター、ネイチャー生物医学工学とロスクロニー、シニアエディター、ネイチャーコミュニケーションズ、トレーニングはPAcMENプログラムに組み込まれるように設計されました。 また、博士課程の学生が修了後に1つのECTS(European Course Transfer and Accumulation System)クレジットを受け取ることができるように、合計28時間のトレーニングと準備を提供しました。

ワークショップの目的は、原稿の執筆と提出に対する参加者の自信を高めることを全体的な目的として、編集プロセスと科学的記述法についての洞察を提供することでした。 ワークショップはインタラクティブで、学生は演習に参加し、編集者と個別に作業して、コース前の作業の一環として作成した未公開の要約のドラフトに関するフィードバックを受け取る機会が与えられました。

参加者は、自分の分野に関連するいくつかの影響力のある論文のコース前の読書を完了するように求められました。 彼らは出版プロセスについてもっと知りたがり、盗作や倫理的問題について活発な議論をしました。 参加者はまた、編集者に質問をする機会があり、査読者になることの利点と、ネイチャーリサーチが査読者を選択する方法について質問しました。

フィードバック

トレーニングに続いて、参加者はワークショップに対する全体的な満足度を報告するように求められました。

95%参加者の数は指導の質に満足していました

  • 100%講演者は知識が豊富で、質問に対して明確で役立つ回答を提供することに同意しました
  • 100%コースのペースは適切だと感じた
  • 90%ワークショップのレベルが適切であると考えた参加者の

参加者のフィードバック

The workshop was very informative and well structured. Practical exercises were well implemented and provided a great chance for learning. The presenting editors were very open, answering all questions and overall did a very good job.”

ワークショップ参加者
DTUBioSustainのPAcMEN
{{ bookmarkCount }} {{ productText }} 保存しました Bookmarks